すべての永久脱毛は医療脱毛に分類される

自宅での脱毛処理の問題点は、脱毛処理の効果がごくわずかしか続かないことです。
長い効果を体感するためには永久脱毛という専門的な医療脱毛を行わなくてはならないので、クリニックに言って診察を受けなくてはいけません。

もちろん、医療脱毛というくらいなのでそのくらいの価値はあることは間違いありません。

では、なぜ専門のクリニックで施術を行うと体毛が発毛しなくなるのでしょうか。



そもそも、人間の体毛というのは不規則に発毛しているわけではなく、一定の規則的な周期によって発毛していることを理解しておかなくてはいけません。



体毛は、成長期だけではなく成長期を過ぎるとその成長がどんどん弱くなっていく退行期に入り、その退行期を過ぎると完全に成長が止まる休止期に入ります。



このサイクルは数ヶ月という単位で行われるようになっているので、医学的な専門的な方法によって体毛を処理すれば、この数カ月の周期を狂わせて体毛の成長速度を著しく遅くすることが可能になります。
専門的な施術を行ったとしても、体毛の成長過程がそれまでと変化することはないので特定の周期に絞って特殊な機器で体毛の処理をすれば長期的に発毛効果を遅らせることが出来るわけです。


こうした効果は医学的にも証明されていますので、法律的にも永久脱毛は医療脱毛として定義されているくらいです。

医師が側について施術を行ってくれるので、自宅で一人で行うよりも安全に且つ綺麗な仕上がりにすることが出来るのは間違いありません。