頑張る人のためのブログ http://wetrythisathome.org My WordPress Blog Mon, 30 Jan 2017 02:58:47 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 子供のにきびは服を交換して予防 http://wetrythisathome.org/?p=20 Mon, 30 Jan 2017 02:58:47 +0000 http://wetrythisathome.org/?p=20 子供のにきび予防では、こまめに汗を拭き取るようにしましょう。
にきびのサイトはこちらです。

子供は、大人に比べて新陳代謝が活発になっているので、汗をかきやすい状態になっています。

大量の汗をかくと、汚れがお肌に溜まりやすくなりにきびができやすくなってしまうのです。

また、子供は走り回ったり砂に触ったりと、汚れやすい生活状況になりやすいので、汚れた服をこまめに着替えるようにしましょう。

汗をかいたことが分かった時には、清潔な下着や洋服に取り替えてみることで、ニキビができにくくなってきます。

親として子供の状態をチェックしておくと、肌のトラブルを防止することができるでしょう。また、着用することになる洋服は、肌に優しい素材でできているものを選んでみてもよいです。
合成繊維でできている服よりも、天然の繊維でできている服を選んだほうが、お肌に対する負担もありません。

天然素材を選べば、長く着ていたとしてもお肌に刺激を与えることがないので、にきびを予防できるようになるのです。

洋服や下着を購入するときには、どんな素材でできているのか確認してみるとよいでしょう。

子供のにきびについては、優しい素材の洋服を着ることで防止できますが、汗をかいたときにはその部分をウェットティッシュで拭いてみるとよいでしょう。

ウェットテイッシュで拭くようにすれば、肌の汚れを取りきれるようになってきます。

汗をかいたものの、洋服を交換できない環境にあるときには、予防として使ってみるとよいです。

]]>
酵素洗顔でにきびも予防 http://wetrythisathome.org/?p=17 Mon, 30 Jan 2017 02:57:54 +0000 http://wetrythisathome.org/?p=17 酵素洗顔を行えば、にきび予防になってきます。
にきび

洗顔を行う時に、酵素が含まれている洗顔料を使うことで、にきびができやすい下地を解消できるようになってきます。

肌がべたつきやすい方は、毛穴に脂が溜まりやすいため、トラブルも頻発してきます。

また、老化が進んでいる方も新陳代謝が低下しているので、古い皮膚が毛穴に溜まりやすくなりトラブルに悩むでしょう。

酵素洗顔を行えば、脂性から老化肌の方まで、トラブルを予防できるようになり、いつでも綺麗なお肌でいることができるのです。

酵素洗顔は、肌トラブルに効果を発揮しますが、使い方も簡単になっています。酵素を含んでいるパウダーを、洗顔を行う時のように使うことで、汚れや角質を取り除けるようになるのです。商品によってチューブ状になっているものもあるので、より使いやすくなるでしょう。

洗顔の時に利用してみることで、にきびだけではなくお肌のざらつきも予防しやすくなります。

肌のトラブルに悩んだときに、酵素が力強い味方になってきますが、毎日使うのではなく、週に1度など間隔をあけて使うようにしましょう。酵素は、角質や汚れを取り除く効果が高いため、毎日使ってしまうとお肌に負担になってしまうのです。

トラブル続きにより皮膚が薄くなっている方は、毎日使うことでさらに皮膚が薄くなってしまう為、間隔を開けながら使うようにしましょう。

スペシャルなケアとして利用すれば、トラブル知らずのお肌になれます。

]]>
にきび予防のための洗顔とは http://wetrythisathome.org/?p=14 Mon, 30 Jan 2017 02:56:57 +0000 http://wetrythisathome.org/?p=14 にきびを予防するためには、洗顔はとても大切です。
にきびを初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

洗顔では、肌の余分な皮脂や汗、埃などの汚れを落とすことが目的です。
洗顔をする際には、まず、手から洗うことが重要です。

手には雑菌が多くついており、そのまま洗顔をすると、雑菌を顔につけてしまうことになるため、まずは手を清潔にすることが大切です。
髪が長い、前髪がかかるという人は、結んだりヘアバンドなどでまとめることで、髪の毛に洗顔料が付着し、すすぎ残しの原因となることを防ぐことになります。

顔を洗う際のお湯の温度は、32度が理想です。

皮膚の温度と同じくらいで、これは皮脂を浮かすことができる温度は30度といわれているためです。

その温度以上の場合には、皮脂を落としすぎて、乾燥につながります。

にきび予防において、皮脂の落としすぎは、皮膚のバリア機能を失わせてしまうため、紫外線などからのダメージを受けやすくなるので、それを防ぐために皮脂を過剰に分泌してしまうので、皮脂の落としすぎには気をつける必要があります。

洗顔料は、しっかりと泡立てることが大切です。

泡立てて手が直接顔につかないようにTゾーンやあごなどの皮脂が多い部分から洗い流すことが大切です。

にきび予防のためには、肌に負担をかけないようにすることが大切なので、手早く洗うことが大切です。

泡や汚れは、にきびの原因となってしまうため、綺麗に洗い流すことが大切です。正しい洗顔を行うことで、汚れや老廃物を落とし、古い角質が自然に剥がれ落ちることで、ターンオーバーを整えることができ、にきびが作られにくい肌にすることができます。

洗顔料を選ぶ際には、肌にあったものを使うことが大切です。

洗顔料は刺激が強すぎるものを使うと、皮脂を落としすぎてしまい乾燥の原因となるため、植物由来のものなどを使うことが理想的です。

]]>
にきび予防にはストレスをためないこと http://wetrythisathome.org/?p=11 Mon, 30 Jan 2017 02:56:00 +0000 http://wetrythisathome.org/?p=11 ストレスが肌状態に影響することは昔からよく知られています。ストレスが影響する症状は実に多く、にきび以外にも抜け毛、薄毛など多岐にわたります。
にきび

ストレスがたまっている状態は、ホルモンバランスが乱れています。新陳代謝、ターンオーバーなども悪化して、肌トラブルが非常に起こりやすい状態なのです。ストレスが原因のにきび予防のためには、慢性的なストレスを解消していくしかありません。日常的にストレスを感じない人は皆無ですが、それが慢性化するようではいけません。ストレスを感じる状態が当たり前になってしまうと、健康だったころの状態を忘れてしまいます。逆にいえば不健康な今を普通の体調だと錯覚してしまうわけです。食生活やスキンケアに問題がないのににきびが発生する場合は、睡眠リズムが崩れている可能性があります。睡眠が不足するとストレスに直結するので、十分に眠るための工夫が必要です。1日8時間眠れば十分ですが、そのためには早寝早起きをする必要があります。睡眠時間が不足している方は、共通して眠るのが遅い傾向があります。深夜2時に眠ることが習慣化している場合、8時間眠ると昼前の10時になります。

サラリーマンとして働いている方だと朝も早いでしょうから、8時間眠るためには起床から逆算して就寝時刻を決める必要があります。午前7時に起床したい方は、前日の23時には床につく必要があるのです。にきび予防のストレス解消は、睡眠時間と質の改善が効果的です。

]]>
思春期にきびの予防方法 http://wetrythisathome.org/?p=8 Mon, 30 Jan 2017 02:54:45 +0000 http://wetrythisathome.org/?p=8 にきびと言うのは、煩わしい皮膚疾患です。
にきび予防のサイトはこちらです。

特に中学生や高校生くらいの時期に、にきびは出来やすくなります。なぜなら、人間は10代の半ばくらいから、肌の皮脂分泌を促す作用がある男性ホルモンの働きが活発になるからです。皮脂が大量に分泌されることで、肌にニキビの原因菌であるアクネ菌などが繁殖しやすくなります。上記のことから、にきび予防のためには肌をいつも清潔に保つことが大切です。そのためには、毎日の洗顔をしっかりする必要が有ります。洗い方のポイントとしては、洗顔料をよく泡立ててから肌の上で転がすように洗うことです。汚れをよく落とそうと肌をゴシゴシ擦る人がいますが、肌にダメージを与えるので良くないです。かえって肌の免疫が悪くなり、症状を悪化させてしまう危険があります。それと、洗ってからは必ず十分にすすぐことも大事です。肌にすすぎ残しがあると、石鹸カスが毛穴に詰まって肌にダメージが残ります。なので、すすぎはしっかりとやる必要が有ります。その他の思春期にきびの予防方法は、食事に気をつけることです。

特に10代の時期は、スナック菓子やファーストフード、クッキーなどの甘い食べ物を多く食べがちになります。しかし、このような食品は、普通の食事に比べて、かなりの油を使っています。なので、取り過ぎると、肌の過剰な皮脂分泌の原因になります。ですから、予防のためには、野菜や魚などをバランスよく食べるように心掛けることが大事です。

]]>
にきび予防にビタミンB2 http://wetrythisathome.org/?p=5 Mon, 30 Jan 2017 02:53:26 +0000 http://wetrythisathome.org/?p=5 肌の良い健康状態を保つためにも、にきび予防にも、ビタミンB群を味方につけるのは、良い方法と言えるでしょう。
にきびのサイトはこちらです。

ビタミンB群というのは、8つの種類のビタミンがあります。にきび予防にも関連性が深いとされているのが、8種類の中でも、ビタミンB2とビタミンB5、そしてB6の3種類です。ビタミンB2の栄養成分は、脂質代謝を促進させます。脂質が過剰に蓄積されると、それはアクネ菌が増えてしまう元にもなります。正常な脂質代謝は、炎症も防ぐことになります。アミノ酸代謝と関係するのが、ビタミンB6の栄養成分です。肌のターンオーバーによって、新しい素肌への生まれ変わるのを促進させます。もしもにきび跡があったとしても、色素沈着のケアにもなるので、意識的に取り入れたい栄養成分でもあります。ビタミンB5はパントテン酸で、これは皮脂分泌を適正に抑える働きをしてくれます。これらのビタミンB群は、日常的な食生活の中で、意識しながら摂取していくことができますから、にきび予防にも役立てることができます。ビタミンB2を豊富に含む食材として、豚レバーや牛レバー、魚肉ソーセージなどもあります。サバやいくら、納豆に舞茸などにも豊富です。

ビタミンB6を豊富に含むのは、にんにくやマグロ、胡麻などの食材もオススメです。パントテン酸が多い食材としては、豚レバーや牛レバー、卵黄などにたっぷり含まれます。また、ビタミンB群というのは、水溶性豚民になりますから、食べ過ぎても尿で排出されます。

]]>