にきび予防にはストレスをためないこと

ストレスが肌状態に影響することは昔からよく知られています。ストレスが影響する症状は実に多く、にきび以外にも抜け毛、薄毛など多岐にわたります。
にきび

ストレスがたまっている状態は、ホルモンバランスが乱れています。新陳代謝、ターンオーバーなども悪化して、肌トラブルが非常に起こりやすい状態なのです。ストレスが原因のにきび予防のためには、慢性的なストレスを解消していくしかありません。日常的にストレスを感じない人は皆無ですが、それが慢性化するようではいけません。ストレスを感じる状態が当たり前になってしまうと、健康だったころの状態を忘れてしまいます。逆にいえば不健康な今を普通の体調だと錯覚してしまうわけです。食生活やスキンケアに問題がないのににきびが発生する場合は、睡眠リズムが崩れている可能性があります。睡眠が不足するとストレスに直結するので、十分に眠るための工夫が必要です。1日8時間眠れば十分ですが、そのためには早寝早起きをする必要があります。睡眠時間が不足している方は、共通して眠るのが遅い傾向があります。深夜2時に眠ることが習慣化している場合、8時間眠ると昼前の10時になります。

サラリーマンとして働いている方だと朝も早いでしょうから、8時間眠るためには起床から逆算して就寝時刻を決める必要があります。午前7時に起床したい方は、前日の23時には床につく必要があるのです。にきび予防のストレス解消は、睡眠時間と質の改善が効果的です。