にきび予防のための洗顔とは

にきびを予防するためには、洗顔はとても大切です。
にきびを初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

洗顔では、肌の余分な皮脂や汗、埃などの汚れを落とすことが目的です。
洗顔をする際には、まず、手から洗うことが重要です。

手には雑菌が多くついており、そのまま洗顔をすると、雑菌を顔につけてしまうことになるため、まずは手を清潔にすることが大切です。
髪が長い、前髪がかかるという人は、結んだりヘアバンドなどでまとめることで、髪の毛に洗顔料が付着し、すすぎ残しの原因となることを防ぐことになります。

顔を洗う際のお湯の温度は、32度が理想です。

皮膚の温度と同じくらいで、これは皮脂を浮かすことができる温度は30度といわれているためです。

その温度以上の場合には、皮脂を落としすぎて、乾燥につながります。

にきび予防において、皮脂の落としすぎは、皮膚のバリア機能を失わせてしまうため、紫外線などからのダメージを受けやすくなるので、それを防ぐために皮脂を過剰に分泌してしまうので、皮脂の落としすぎには気をつける必要があります。

洗顔料は、しっかりと泡立てることが大切です。

泡立てて手が直接顔につかないようにTゾーンやあごなどの皮脂が多い部分から洗い流すことが大切です。

にきび予防のためには、肌に負担をかけないようにすることが大切なので、手早く洗うことが大切です。

泡や汚れは、にきびの原因となってしまうため、綺麗に洗い流すことが大切です。正しい洗顔を行うことで、汚れや老廃物を落とし、古い角質が自然に剥がれ落ちることで、ターンオーバーを整えることができ、にきびが作られにくい肌にすることができます。

洗顔料を選ぶ際には、肌にあったものを使うことが大切です。

洗顔料は刺激が強すぎるものを使うと、皮脂を落としすぎてしまい乾燥の原因となるため、植物由来のものなどを使うことが理想的です。