にきび予防にビタミンB2

肌の良い健康状態を保つためにも、にきび予防にも、ビタミンB群を味方につけるのは、良い方法と言えるでしょう。
にきびのサイトはこちらです。

ビタミンB群というのは、8つの種類のビタミンがあります。にきび予防にも関連性が深いとされているのが、8種類の中でも、ビタミンB2とビタミンB5、そしてB6の3種類です。ビタミンB2の栄養成分は、脂質代謝を促進させます。脂質が過剰に蓄積されると、それはアクネ菌が増えてしまう元にもなります。正常な脂質代謝は、炎症も防ぐことになります。アミノ酸代謝と関係するのが、ビタミンB6の栄養成分です。肌のターンオーバーによって、新しい素肌への生まれ変わるのを促進させます。もしもにきび跡があったとしても、色素沈着のケアにもなるので、意識的に取り入れたい栄養成分でもあります。ビタミンB5はパントテン酸で、これは皮脂分泌を適正に抑える働きをしてくれます。これらのビタミンB群は、日常的な食生活の中で、意識しながら摂取していくことができますから、にきび予防にも役立てることができます。ビタミンB2を豊富に含む食材として、豚レバーや牛レバー、魚肉ソーセージなどもあります。サバやいくら、納豆に舞茸などにも豊富です。

ビタミンB6を豊富に含むのは、にんにくやマグロ、胡麻などの食材もオススメです。パントテン酸が多い食材としては、豚レバーや牛レバー、卵黄などにたっぷり含まれます。また、ビタミンB群というのは、水溶性豚民になりますから、食べ過ぎても尿で排出されます。