思春期にきびの予防方法

にきびと言うのは、煩わしい皮膚疾患です。
にきび予防のサイトはこちらです。

特に中学生や高校生くらいの時期に、にきびは出来やすくなります。なぜなら、人間は10代の半ばくらいから、肌の皮脂分泌を促す作用がある男性ホルモンの働きが活発になるからです。皮脂が大量に分泌されることで、肌にニキビの原因菌であるアクネ菌などが繁殖しやすくなります。上記のことから、にきび予防のためには肌をいつも清潔に保つことが大切です。そのためには、毎日の洗顔をしっかりする必要が有ります。洗い方のポイントとしては、洗顔料をよく泡立ててから肌の上で転がすように洗うことです。汚れをよく落とそうと肌をゴシゴシ擦る人がいますが、肌にダメージを与えるので良くないです。かえって肌の免疫が悪くなり、症状を悪化させてしまう危険があります。それと、洗ってからは必ず十分にすすぐことも大事です。肌にすすぎ残しがあると、石鹸カスが毛穴に詰まって肌にダメージが残ります。なので、すすぎはしっかりとやる必要が有ります。その他の思春期にきびの予防方法は、食事に気をつけることです。

特に10代の時期は、スナック菓子やファーストフード、クッキーなどの甘い食べ物を多く食べがちになります。しかし、このような食品は、普通の食事に比べて、かなりの油を使っています。なので、取り過ぎると、肌の過剰な皮脂分泌の原因になります。ですから、予防のためには、野菜や魚などをバランスよく食べるように心掛けることが大事です。